【ワインクイズ】Q16:良いヴィンテージの飲み頃は?

【ワインクイズ】Q16:良いヴィンテージの飲み頃は?

スポンサーリンク

Quiz16

良いヴィンテージ(収穫年)と良くないヴィンテージ。飲み頃はどう違う?

A:良いヴィンテージほど、飲み頃は早い
B:良くないヴィンテージほど、飲み頃は早い
C:ほとんど変わらない

Answer:

B:良くないヴィンテージほど、飲み頃は早い

天候に恵まれなかったワイン=良くないヴィンテージ(通称「オフ・ヴィンテージ」)は、口の中をギシギシさせる様なタンニンがなく、若い内、つまり早い内に楽しむことが出来ます。
逆に言えば、10年、20年と言った長期熟成に耐えることは出来ません。

一方良い作柄の年にできたワイン=良いヴィンテージは、渋みも酸味もたっぷり。そんなワインは、10年、20年と時間をかけて熟成させてから堪能しましょう。良いヴィンテージのワインを若い内に飲むと、渋みと酸味が強く、パワフル過ぎてしまいます。しかし、焦ることなく時間をかければ、その渋みと酸味が良く馴染み、一層の深みを生むのです。

その時を待ち、長く楽しむーー……それが出来るのも、良いヴィンテージならではと言えるのです。

AD

スポンサーリンク

Archive List