【ワインクイズ】Q22:シャンパンに願いを

【ワインクイズ】Q22:シャンパンに願いを

スポンサーリンク

Quiz22

シャンパンのコルクによく見られる流れ星のデザイン。この由来は?

A:シャンパンのコルクを抜いた様子が流れ星に似ているから
B:シャンパンの泡が「星の数ほど」出ることから
C:シャンパンを飲みながらドン・ペリニヨンが放った「私は星を飲んでいる」という一言
D:地球のそばを彗星が通ったとき、ブドウが豊作で良質なシャンパンが出来たことから

Answer:

D:地球のそばを彗星が通ったとき、ブドウが豊作で良質なシャンパンが出来たことから

そんなばかな!いえ、本当なんです。時は1811年、ハレー彗星が地球に大接近し、様々な「めでたい」ことが起きたと言われており、ブドウの豊作もその1つ

ドラモッド社ー超銘醸シャンパンとして愛好家から絶大な支持を集めるサロンの弟分ーのトレードマーク然り、エミール・ガレによるアネモネ・ボトルで知られるペリエ・ジュエは1811年創業であり、文字通り彗星のようなデビューを果たしています。高級シャンパン ヴーヴ・クリコがロシアで大成功をおさめたのもこの年であり、初のヴィンテージ・シャンパンが造られたのも1811年です。

しかし、そうそう奇跡は起こらないのが世の常。その後ハレー彗星が接近した1910年、1986年は1回目とは違い当たり年とは言えません。
しかし今でも多くの「流れ星コルク」があるように、世界のワイン愛好家たちは“シャンパンに願いを”込めています。

AD

スポンサーリンク

Archive List