RIESLING-リースリングとは-

RIESLING-リースリングとは-

スポンサーリンク

RIESLING 

-リースリング-

リースリングはどこから来たのか-原産地-

リースリングは、ドイツ南西部のライン川沿いの渓谷と、フランクフルトとトリーアの間にある支流周辺が原産地です。
ブドウ本来の甘さが特徴の繊細なワインを生み出します。
この品種は、ドイツと国境を接するフランスのアルザスでも、長く栽培されてきた歴史をもち、そこでは、伝統的に力強い辛口のワインが造られてきました。
リースリングは冷涼な気候であれば、いろいろな国や産地で素晴らしいワインを造り出すことができます。
北米やニュージーランドではドイツの甘さのあるスタイル、オーストリアやオーストラリアでは、フランスの辛口スタイルが主流です。

よくある香り/ニュアンス

◎果実◎

レモン ライム ベルガモット アップル ミラベル

◎花◎

アカシア スイカズラ 菩提樹  ミント

◎その他◎

火打ち石 石油
http://winefolly.com/


特徴・スタイル

リースリングの最大の特徴は、非常にアルコール度が低いにもかかわらず、香りのバランスが良いワインを造れるということです。このドイツ/アルザス原産の偉大な品種は他のどの品種よりもあらゆる土壌を手懐けます。故郷のテロワールを体現する品種です。偉大なリースリングは、果実や花の香りよりもミネラル香が際立ち、数年寝かせると、極上のものは、何とも言えない独特の石油の香りを放ちます。それに、柑橘類、微かな花の香り、塩気のある小石のような風味も感じられるようになります。秋に遅積みした貴腐ぶどうで造られたワイン、さらにはアイスワインもあり、辛口から極甘口まで造られます。
他にリースリングの特徴として、超熟な可能性が高い点があげられる。ものよってはセラーで何十年も寝かせることができ、他の白ぶどうには見られない素晴らしい熟成結果を生みます。リースリングは高い酸度が備わっているため、通常の白ワインと比べ、酸化に対して強い耐性をもっているのです。

評価

世界中で人気のあるリースリング。ワイン好きの間では、白ぶどうの二大品種は、シャルドネとこのリースリングだと言われています。リースリングは他の品種と比べ、ぶどうの糖分をアルコールに変えることをしないため、結果的に飲みやすい甘口ワインが造られることが多いのです。これが他のぶどうにはない特性をもつ品種としてのリースリングの名声を確立しています。これまでの20世紀の大半は過小評価されていたけれど、最近は勤勉は生産者の厳正な仕事によって、人気が復活してきています。

適応する気候

北部で見事に育つ品種です。つまり基本的には寒い地域で良好なワインが造られます。暖かい気候にも適応できますが、複雑味、気品、個性はかなり弱まるというのが一般的です。

栽培地

全栽培地面積

0ヘクタール

フランス:アルザス
その他の国:ドイツ、ルクセンブルク、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ

◆トップクラスの産地

フランス:アルザス
伝統的なミディアムボディのワインで、酸味が強い辛口ワインが多い。

ドイツ
●代表的なワイン:伝統的に軽く、酸味が強く、ほのかに甘口ワインが多い。
モーゼル、ラインガウ、ファルツ、ラインヘッセン

アメリカ:
ワシントン:コロンビア・ヴァレー
ニューヨーク:フィンガー・レイクス
他の州:カリフォルニア、オレゴン

オーストリア:エーダーエスタライヒ、ウィーン、ブレゲンライト

オーストラリア:
南オーストラリア:クレア・ヴァレー、エデン・ヴァレー
他の州:ヴィクトリア、西オーストラリア、タスマニア

カナダ:ナイアガラ・ペニンシュラ、オカナガン・ヴァレー

ニュージランド:
南島:マールボロー、オタゴ、ネルソン

AD

スポンサーリンク

Archive List