February, 2018

Month
【ワインクイズ】Q31:シャンパンカクテルを楽しもう

【ワインクイズ】Q31:シャンパンカクテルを楽しもう

Quiz31: そのままでももちろん、カクテルにしてもおいしいワインやシャンパン。次のカクテルは、それぞれシャンパンに何を混ぜて作るでしょう? 1:キール・ロワイヤル 2:ミモザ A:カシスリキュール B:グレープフルーツジュース C:オンジジュース D:イチゴ Answer: 1ーA 2ーC シャンパンやワインって、...
570 views
シンデレラ・ワイン/Vin de Cendrillon

シンデレラ・ワイン/Vin de Cendrillon

シンデレラ・ワイン/Vin de Cendrillonの意味/解説 (Vin de Cendrillon) ボルドー右岸地域で多く造られるようになった、高品質少量生産のプレミアムワインの総称です。 非常に濃密でインパクトのある、洗練された近代的な味わいで人気を博し、格付け外にも関わらず、メドックの一級シャトーより高額な...
1054 views
アビラージュ/Habillage

アビラージュ/Habillage

アビラージュ/Habillageの意味/解説 (Bottle preparation/Habillage) ラベル、バックラベル、首貼りラベル、キャップシールなど、販売に備えてボトルに全てのラベルを貼る作業を意味します。
790 views
【ワインクイズ】Q30:止められない目減り

【ワインクイズ】Q30:止められない目減り

Quiz30: 理想的な状態でワインを保存したとしても、長く寝かせるとワインは目減りしてしまいます。さて、1ml減るのにどれだけの年月がかかるでしょうか? A:半年 B:1年 C:3年 D:10年 Answer: B:1年 平均して、ワインが1ml目減りするのにかかるのは、約1年と言われています。 これは、ワインにとっ...
511 views
ヴィーノ・ダ・ターヴォラ/Vino da Tavola

ヴィーノ・ダ・ターヴォラ/Vino da Tavola

ヴィーノ・ダ・ターヴォラ/Vino da Tavolaの意味/解説 (Vino da Tavola) イタリアワインの格付けにおいて、 最下級に当たる一般のテーブルワインをヴィーノ・ダ・ターヴォラと言います。 最下級とはいえ、VdTの中には上級ワインに匹敵するよう な銘柄もあるため注目です。 ヴィーノ・ダ・ターヴォラは...
939 views
アロマ/Aroma

アロマ/Aroma

アロマ/Aromaの意味/解説 (Aroma) ワインに感じられる香りの総称を意味します。 その中でも、ブドウが本来持っている果実系の香りは「第一アロマ」と呼ばれ、醸造過程で酵母や乳酸菌等により発生した香りは「第二アロマ」と呼ばれます。また、熟成によって生まれてきた香りは「ブーケ」と呼ばれます。同じくブーケと同じ意味を...
750 views
国際ぶどう・ぶどう酒機構/O.I.V.

国際ぶどう・ぶどう酒機構/O.I.V.

国際ぶどう・ぶどう酒機構/O.I.V.の意味/解説 (Office International de la vigne et du vin) 国際ぶどう・ぶどう酒機構のこと。 ブドウ栽培とワイン生産に関する技術的、学問的、経済的問題を研究する政府間組織です。
978 views
【ワインクイズ】Q29:ワインが初めて記された日

【ワインクイズ】Q29:ワインが初めて記された日

Quiz29: 記録上、世界で初めて登場するワインは? A:オー・ブリオン B:シャンベルタン C:シャトー・マルゴー D:トカイ・ワイン Answer: A:オー・ブリオン 初めて造られた、ではありません。「記録」として残された最も古いワインの問題でした。 ワインが初めて登場したのは、1663年の4月10日のこと。日...
492 views
IFV/フランスぶどう・ワイン研究所

IFV/フランスぶどう・ワイン研究所

IFV/フランスぶどう・ワイン研究所の意味/解説 (Institut Francais de la Vigne et du Vin) IFV(Institut Francais de la Vigne et du Vin)は、フランスの法律により管理されたぶどうおよびワインの研究センターです。 その使命は、ぶどう栽培・...
769 views
澱引き/Racking

澱引き/Racking

澱引き/Rackingの意味/解説 (Racking/Soutirage) 樽や槽のワインを別の樽や槽に移し替えて、澱などの沈殿物と分離し清澄することを意味します。 澱引きの間は、微生物による汚染を防ぐために亜硫酸の量に注意が必要です。また、より豊かなアロマを得るため、澱引きでワインの酸化を調節します。
823 views

Archive List