DOC法/原産地呼称管理法

DOC法/原産地呼称管理法

スポンサーリンク

DOC法/原産地呼称管理法の意味/解説

(DOC method/méthode DOC)

フランスのワイン法に倣い、1963年に整備されたイタリアのワイン法。
品種、産地、収穫量、混醸率など細かく規定した「DOC」ワインを認定し、さらに厳しい規定検査をクリアしたものを「DOCG」に格上することにより、イタリアワインを「量より質」のワインへと変換させてきました。(その下に原産地を表示したテーブルワイン「IGT」と日常用のテーブルワイン「ヴィーノ・ダ・ターヴォラ」というカテゴリーがあります。)
が、DOCG格付けの名声にあぐらをかいた劣悪なDOCGワインを造る生産者が出てきたこと、またそれに反発するかたちで、スーパートスカーナのような法規定外の枠組みで高品質なテーブルワインカテゴリーのワインを販売する新興勢力が出てきたこと、によりイタリアワインは一時、非常に分かりにくい体系となりました。
しかし、現在に至っては、新勢力に後押しされるかたちで伝統的なワインの品質も、みるみる向上しつつあり、今、イタリアワインは百花繚乱、日々新たな発見がある非常に魅力的なワインとなっています。

※DOCランク以上のワインがラベルに表示して良い言葉に、Classico(古くからの生産地域のワイン)、 Superiore(一定以上のアルコール度数のワイン)、Riserva(ある一定以上の熟成期間のワイン)があります。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List