ヴァラエタルワイン

ヴァラエタルワイン

スポンサーリンク

ヴァラエタルワインの意味/解説

(Varietal Wine/Vin de Varietal)

ぶどうの品種名を表示したワイン。
「カベルネ・ソーヴィニョン」「シャルドネ」といった、ブドウ品種名をラベルに表示したワイン。
カリフォルニアが先駆的に取り入れ、その分りやすさから人気を得て、主に新世界と呼ばれるワイン新興国(アメリカ、オーストラリア、チリ等)を中心に世界中に広がりました。
アメリカでは75%以上、オーストラリアでは85%以上の 同一品種を原料とすることが義務づけられている。
土地の伝統や風土を重んじるフランスでは、なかなか認知されませんでしたが、南仏で取り入れられてより、徐々に浸透してきました。
フランス語では、ブドウ品種のことをセパージュ<Cepage>と言います。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List