収斂性

収斂性

スポンサーリンク

収斂性の意味/解説

(Astringent/Astringent)

収斂性(しゅうれんせい)はタンニンによりもたらされ、唾液のタンパク質の潤滑作用をタンニンが抑え、舌や歯茎が乾くような感じを受けることで生じます。
近年、ボルドーでは醸造学の研究が進み、若いワインの収斂性を格段に減らすことに成功しています。これはワインが熟成するとともに減少します。

また一般的に誤解されますが、締め付けられる渋みが多いからタンニンが多いワイン、収斂味が強い=タンニンが多いではありません。
ワインのタンニンも熟成を経る事で渋味はソフトでまろやかになるので、荒々しいザラリとした感覚寄りの表現の1つとして「収斂味のある」と使い方が正しいと思われます。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List