マセラシオン・カルボニック/炭酸ガス浸漬法

マセラシオン・カルボニック/炭酸ガス浸漬法

スポンサーリンク

マセラシオン・カルボニック/炭酸ガス浸漬法の意味/解説

(Maceration/Carbonic)

ワインの製法の一つで、炭酸ガス侵漬法の事。
特に新酒(ヴァン・ヌーヴォー)、主にボジョレー等の伝統的な製造法・醸造方法です。
収穫したぶどうを破砕せずに房ごとガスの充満したタンクに入れ、発酵させる。無酸素状態でぶどう全房丸ごとマセラシオンを行うことにより、アロマが容易に抽出できます。
醗酵は、ぶどうがもつ酵素によりはじまり、次に酸素のある状態で酵母による醗酵へと続きます。
こうする事によって、より フレッシュな果実味の豊かな早飲みタイプのワインが出来あがる。
南フランスでは熟成させるワインにも利用されます。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List