シャトー/Château

シャトー/Château

スポンサーリンク

シャトー/Château

(Château)

ボルドーにおいて、ブドウの栽培からワインの製造までを行うワイン醸造所のこと。ブルゴーニュにおいてはドメーヌといわれ、小規模な所が多いのが特徴です。
もちろん、シャトーはその名前がついた建物「城」も意味しますが、ワイン用語では特定の生産地域とテロワールを指すものです。
格付けの結果に関わらず、ボルドーの地域で生産されたワインは、どれもその気候、土壌、ぶどうの品種、生産者の経験の結果です。
ただ、今日のように多くのブドウ園がシャトーと表現するようになった歴史はそれほど古くなく、有名な1855年の格付け時はシャトーと名乗っていたのはごく少数だったようです。シャトー・ラフィットやシャトー・マルゴーに倣い、シャトーと付けるとワインがよく売れるので、多くのブドウ園がシャトーを頭に付けるようになった、とも言われています。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List