ドメーヌ/Domaine

ドメーヌ/Domaine

スポンサーリンク

ドメーヌの意味/解説

(Domaine)

特にブルゴーニュ地方において、自らブドウを栽培し、そのブドウからワインを造る醸造所のことをドメーヌと呼びます。もともとは「領地」「所有地」を意味するフランス語です。
家族経営の規模の小さなワイン生産者であることが多く、ブルゴーニュの場合、複数のドメーヌで畑を分割所有しているケースが多いため、同じ畑名でもドメー ヌの違いによって生まれるワインの性格が微妙に異なってきます。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List