フィロキセラ/Phylloxera

フィロキセラ/Phylloxera

スポンサーリンク

フィロキセラの意味/解説

(Phylloxera)

ぶどう樹の根を枯死させるアブラムシで、1860年代に、ヨーロッパ中のブドウ畑を壊滅状態に陥れました。原産は北アメリカ東部。
ヨーロッパで古くから栽培されているブドウは中央アジア原産の「ヴィティス・ヴィニフェラ」という種類で、フィロキセラに寄生されると根から栄養を吸収できなくなり枯れてしまいます。もともと、ヨーロッパにはこの害虫は存在しなかったため、ブドウの樹には免疫がなく、あっという間に全ヨーロッパに広がったといわれています。
その後、北アメリカ原産葡萄の一部である「ヴィティス・リパリア」などにこの害虫に対する抵抗力があると分かり、北アメリカ原産のブドウを台木として、その上にヴィティス・ヴィニフェラ系のブドウを接ぎ木することで、解決に至りました。
以後、現在に至るまで世界中のワイン用ブドウは、この方法で栽培されています。 なお、チリやオーストラリア、南仏の海岸地域の一部のブドウ園には、自根で栽培可能なところもあります。
また、フィロキセラ以前のワインは「プレ・フィロキセラ」と呼ばれ、珍重されています。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List