ドイツのワイン法

ドイツのワイン法

スポンサーリンク

ドイツのワイン法の意味/解説

ドイツのワイン法は、EU法に準じた「原産地統制呼称制度」とともに、ブドウ果汁の糖度による独自の品質等級が併用されています。
上位から「プレディカーツヴァイン(QmP)」「QbA」「ラントヴァイン」「ドイチャーターフェルヴァイン」の4つに大別され、最上級のプレディカーツヴァインはさらに果汁糖度を基準に6つの等級に分けられています。
ドイツは、世界のブドウ産地の中でも北限に位置するため、日照による果汁糖度の確保が非常に重要であり、糖度に重点が置かれています。また、国民気質もありますが、QbA 以上のワインには全て、瓶詰め人の認識番号や瓶詰めロット番号の表示が義務付けられる等、非常に厳格な制度となっているのもポイントです。

用語一覧へ戻る

AD

スポンサーリンク

Archive List