バンブー・ロード ステーファノ・レニャーニ

バンブー・ロード ステーファノ・レニャーニ

スポンサーリンク

ワイン名 
バンブー・ロード ステーファノ・レニャーニ
Stephano Legnani I.G.T Bamboo Road

ワイン詳細

ぶどう品種 :

%
ヴェルメンティーノ
%
マルヴァジーア

アルコール度数 :

12%
やや低め

データ

イタリア
地域 リグーリア
生産者 ステーファノ・レニャーニ/Stefano Legnani
ワインを通じて繋がる縁といったものに彼ほどエモーションを感じている造り手はいないのでは?という、リグーリアのステーファノ レニャーニ
醸造 無添加。
醸造はテロワールの表現を目的とし、非常にシンプルに行います。発酵は全てのキュヴェで野生酵母のみ。
SO2は無添加、または瓶詰め前にのみ極少量(30-45mg/l)添加するのみです。
2015年収穫前に葡萄の木が全て引っこ抜かれるという驚愕の事態により2014年ヴィンテージで幕を下ろすこととなったそうです。
ワイン紹介 信用のおける農家から買い付けたブドウで造ったワインになります。
マルヴァジーアのアロマとトレッビアーノのとっつきやすさを持ち合わせたバンブー ロードは、今飲んでも、置いておいても楽しいワインな気がします。

エピソード/紹介

インポーター資料より
保険のエージェントだったステーファノ、食べる事、飲むことが大好きで
噂のレストラン、酒屋、ワイナリーなどを訪ねるのを週末の楽しみとして、人生を謳歌していました。
15年前くらいのとある日、“変なワイン”の試飲会があると聞きつけ、参加することにします。
その晩招待されていた造り手はといいますと、ラ ビアンカーラのアンジョリーノ、ラディコン
カステッロ ディ リスピダのアレッサンドロという、非常に濃い面々。彼らのワインは、それまでにステーファノが飲んできたワインとは全く異なり
当時の彼の味覚的には難解かつ動揺を誘うもので、素直に“美味しい!!”とは思えない…。ですが
造り手3人の、自身の進んでいる道に対する確固たる信念、確信、自信に満ちた表情にオーラのようなものを感じたそうです。

雷に打たれたような気分を味わったその晩、家に帰ってすぐにワイナリー名&ワイン名をメモして
彼らのワインを探し求めるようになり、アンジョリーノ達が主宰する自然派ワインのサロンにも通い始め
毎週末、そこで出会った造り手や、その造り手から紹介された別の造り手を訪ね歩く生活が始まります。

自身のオフィスを4つ持ち、従業員もそれなりの数がいてと、保険業の世界では大きな成功を収め月曜から金曜まではジャケットにネクタイでバリバリ働き
土日にはアンジョリーノ、ラディコン、カミッロ ドナーティ、ヴィットリオ グラツィアーノ等々のセラーに通い倒すようになり
そのうちに、多くの造り手と友達になると同時に、彼らのワインの熱狂的な愛好者になってしまっている自分に気付きます。

恋の病にかかったような感じで、何週間か1つの造り手のワインしか飲まなかったりしたこともあったそうです。

どんどんどんどん彼らのワインが好きになり、彼らとの友情を謳歌し、彼らと一緒に過ごす時間が増えるにつれ
話題はワインそのものから畑へと移行していくようになります。
畑の話をする時の彼らの目の輝きぶりを見るにつけ、徐々にジェラシーのようなものを感じるようになったそう。

自身が食やワインの生産現場で見てきたもの、昔ながらの知恵であったり、味わいなどを、より多くの人と共有したいと考えるようになり
Serenissima Accademia del Gusto、訳すと“晴れ晴れした(清明な、ピュアな、裏表のない)味覚アカデミー”というグループを作り
いろいろな生産者を招いてセミナーを企画し、真っ当な食、ワインの啓蒙活動を数年に渡り精力的に行いますが
それでも何かが満たされないとステーファノは思うようになります。

そのあたりから、彼が住むサルザーナに所有する土地、それももともとはブドウ畑だった場所の利用方法を真剣に考え始め
役所へ赴き、ブドウを植える許可をもらいます。
2004年に土地を綺麗にし、ブドウを植える準備をし、2005年にブドウ樹を植え、ブドウ栽培家としての生活を始め
2008年からワインを造り始め、2012年には保険の仕事も完全にやめ、専業農家となり現在へと至ります。

AD

スポンサーリンク

Archive List